5,440円以上ご購入で送料無料!

ブレンド エスプレッソ コロンビア ブラジル タンザニア 100g 200g 500g ドリップ アイス

薪火窯から作る至福の逸品

  • 岩手の薪の火を使った低温の遠赤外線で、じっくり・ふっくら芯から焼き上げたパンとじっくり焙煎した薪火焙煎コーヒーの薪火窯から作る至福の逸品を提供をご賞味ください。

お知らせ

2019/02/15 ホームページをリニューアルしました。
2019/02/14 ミヤギテレビ「OH!バンデス」でご紹介いただきました。

薪火焙煎

  • コーヒー豆は焙煎することで私たちが口にするコーヒーの味になる訳ですが、その焙煎方法により味が大きく異なります。
    当店独自の【薪火焙煎】では、コーヒー豆の表面と中身をカラッと煎る事で雑味のないスッキリとした味わいに仕上げます。
    是非一度当店自慢の『薪火焙煎コーヒー』をご賞味ください。

焼成窯

  • 薪火は光合成で蓄えたエネルギーをそのまま燃焼して使う環境にとてもやさしい「カーボンニュートラル」エネルギーです。
    そんな自然にやさしい薪火を使用して、低音の遠赤外線で食材の芯までふっくらと熱を入れることの出来る火窯が、この「焼成窯」です。
    特許番号:特開2012-115220

地球の自然を守る

  • 北国のきれいな自然の中で、薪火焙煎コーヒーは作られています。森林は、適度に間伐をすることでより良く成長することができ、 北国の間伐材を使うことにより自然にやさしくエコロジーな焙煎方法を行えます。ほーむず珈琲では2011年12月より秋田県本荘由利の薪を使用しています。
北国のきれいな自然の中で、薪火焙煎コーヒーは作られています。森林は、適度に間伐をすることでより良く成長することができ、 北国の間伐材を使うことにより自然にやさしくエコロジーな焙煎方法を行えます。ほーむず珈琲では2011年12月より秋田県本荘由利の薪を使用しています。
薪は、間伐材を1年かけて乾燥させた物を使用し、余計な伐採は一切しておりません。 また、環境保全を考えたときに、カーボンニュートラルという考え方があります。これは、植物を燃やして発生した二酸化炭素量は、その植物が成長過程で吸収した二酸化炭素量と同じであるため、 大気中の二酸化炭素総量の増減には影響を与えないという概念です。
間伐により北国の自然は守られ、その間伐材を再利用して薪火焙煎コーヒーは作られているのです。
環境保全を考えたときに、カーボンニュートラルという考え方があり、 化石燃料の代替エネルギーとして、バイオマスエタノールやバイオマス発電などが世界的に注目されているのは、 このカーボンニュートラルの概念があるからなのです。